タニマチ進化論

すっかり音楽から離れても文化を享受していればどうしても耳に入ってくるのが劇伴でっしゃろ。

そうやってレパートリーが偏るんだけど、
最近はアニソンでもいにしえの名曲時代から、
(おそらくの)歌謡曲否定による邦楽全般衰退のクソ音楽時代を飛び越えて、
数多くの名曲がありますよね。
良いものは残るし、日本の音楽も徐々に、徐々に徐々にではありますが、
良くなってるのではないでしょうか。
折笠が丸くなってるだけではないと思いますよ。
もちろん折笠の耳が腐ったと言われれば、それは否定しようがないかもですが自分では判断できかねますな。
「否定されうる個人」的には商業音楽の衰退とネットおよび安価な楽器の爆発的普及による日本人の進化の賜物ではないかと喜んでおります。
ありがちな中二病的に言えば、「創造は破壊から生まれる」ということでしょうか。

私は「バンギャ」と呼ばれる方々をえらく支持する側の者であります。
私はX-JAPANやらGLAYやら、スキではないビズアル系の方々もいらっしゃいますが、
それほど毛嫌いしてはおりません。
むしろ、私の敬愛するDEAD ENDから連なるLUNA SEA、ラルク、Gackt氏といった、
耽美的な世界を作ってきた方々を賞賛する側の人間であります。
いや、さすがにコンプして聞くほどではございませぬが、、、。

魅せること、それはエジプトのファラオが金銀財宝で着飾った時代から、
おのこの権威・包容力を示す指標でもありました。
その存在をさらに輝かせる、それが美しき侍女たちでありました。
それがホスト臭いメンに群がるバンギャの方々ではないでしょうか。

やや、いささか言葉が汚くなってしまいましたが、
これは汚らわしくも崇高な賛美なのです。
この世で最も穢れていてこの世で最も美しき物体があるのです。存在するのです。歌舞伎町に。未だに。
彼女らはメンの見た目にこだわるあまり、
非商業的であっても本当にいい音楽を支える術を見につけてしまったのではないでしょうか?!?!?!?!
そうやって日本の音楽は進化したのではないでしょうか?
たとえば、どんなにいい音楽を作っても、聴くほうが努力しないと良さがわからないプログレはマジョリティをえられないじゃないですか。
いや、それはそれでいいんですが、「Youの音楽はYouの中でしか通用しない」状況でも食えるのはプリンスだけです。
もちろん、回りに迷惑かけずにちゃんと食ってるなら賞賛します。
わたし、今、音楽してないのに食えてませんから。
ちゃんと税金を納めて、さらに膨大な消費活動をする、それは私の目指すところです。

もうひとつ私が賛美したいのはジャニヲタの方々。
男子のアイヲタは、我々親衛隊連中がカメコと戦ってきた時代から、
両者ともほぼ衰退し、地下アイドル撮影班やその進化系あるいは退化ともいえるAKB系を追う、
パトロン系に集約されつつあります。ええ、我々の養分体質だけが進化してしまったのです!

ところが彼女らジャニヲタは、私が大学生時代つまり20年以上前の少年隊・光GENJI全盛の時代から、
まったく変わらない体で彼らの後輩を追いかけているのです!
見てください、日本の歌謡曲を支える歌い手がジャニーズ以外にいかほどおりましょうか?
アーティストなんて言葉はクソ食らえといいたくなるほどに!
ええ、ビックリしました!初めて原宿のジャニーズの店に入って、
生写真しか売ってないのにすごい行列なの見て感動しました!すごいよ!

なんとすごい!
これは相撲や歌舞伎のタニマチの方々と同じです!
ファラオの侍女と同じです!
ぬお!賞賛するという文化を変わらず継承するなど、私にマネはできません!
しかしその継続が文化となるのではないでしょうか?

今の私なぞは、柳原先生のライブを追いかけるだけの、
薄汚れて年老いた老羊にすぎませぬ。
もはやピート・タウンゼントのように
「ああ、オレたちはカスなジジイさ、腐っちゃいないがな!」なんて言えません。
腐女子以上に腐ってます。

またも何を言いたいのか自分でわからなくなってしまいました。
というか、初めから私にはわからないのです。
私は何も知らないのです。

うーん、今日はただただ最近好きな曲の動画を貼って、ええなあと思いたかっただけなのに。
まあいいや、貼ろう。
つか、なんかYouTubeがブラウザでうまく表示できないんで、
今日もはっつけて手軽に全画面再生を楽しむのです。
もうこの時間になると、ブラウザ変えてみるとか調べるとかそんなんも面倒くさい。

上高い。

メンション。

ケニーみたいに生き残りたい。

こんな時代もう来ない。

新宿の南口ルミネ2あたりうろうろしてたらハットフルオブホロウのジャケット飾ってて、
原宿のカフェ入ったら心に茨流れてて、ちょっとうれしかった。まだ原宿行っても良いんだと思った。
オデコ靴買った。

もはやなにもいうまい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

タニマチ進化論 への1件のフィードバック

  1. Ori-P のコメント:

    違ったハットフルオブホロウじゃなく、ファーストだたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>