革命的三笠ゆうりサインボール奪取抗争に大勝利

きたね。きてるね。
やっぱ持ってるね俺ら。

とは申しましても、
前回のように私がゲットしたわけではなく、
今回の月笑で同志ゆりかもめさんが3方向に投げられたたった3つのうちのひとつをゲットです。
持ってますね彼は。
彼は私以上の柳原可奈子ファンであるし、
もう、それが我が事のようにうれしくて、
一緒に退院後初のカラオケまで行って、
星間飛行まで歌っちゃいました。
今年の目標としてはコレを振り付けで歌えるようになりたい44歳Nowです。キラッ☆

ball

野暮なことはなるべく書きたくないですが、
ショップ店員などの伝説的なネタに比べると、
声優「三笠ゆうり」ネタはご存じない方も少なからず居られるかと。
これはすげえ、たぶん永遠に飽きない。

このところ、緊急入院とか27時間TVとか、
柳原先生に関してはファンにとって明るいニュースはありませんでした。
もう「あー今日ももしかしたら姫でねーかもorz」みたいに思ってた。

そんなところきて、今日の姫はゲンキだったし、
ここ最近のネタの中では一番爆発力のある三笠ゆうりでキタし、
熱狂的ファンへのプレゼント。
オレとは違ってあまりにも純粋な青年14歳実際20代のゆりかもめさん、
「姫がいろいろ大変なのに自分のほうがこんな…」的に恐縮してはいましたが、
Ori-Pとしては
「クックック、あの寶玉のうち最低でも一つは我々KSK(KanakoSingingKnights)が授受されるべきもの…
たとい惡魔に魂を賣り渡してでも“三笠ゆうり”のサインを手中に收めねばならぬ!」
と思っておりました。
まあ、今年の酷白でもグッズ当たらなかったし、期待はしてませんでしたが(ノω・。)

なんにせよ柳原可奈子はまだまだジャパニーズコメディエンヌの最高峰です。断言。

カテゴリー: アイドル, 未分類, 柳原可奈子 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>