【アニメ】エウレカセブン

スパロボZでのガロードとレントンの厨二病的やりとりがあまりにも面白かったので
全話+映画版を見てみました。
これは甘酸っぱい青春ラブストーリーの部分を含めて、
良い厨二病ですね。
いやあ、実際恋愛ってのはこうはならんよ、てな感じで。
そら、すれ違い的な部分とかはええ、そうだとは思いますが、
そんな激しく求めるのは片思いのときだけじゃないすかね。
でも、そこがいいわけです。
お話ですからね。
ロボ娯楽なんだから、
リアルなもん見せられるより、
スカッとさわやかコカコーラですよ。
つじつまが合わないとか、
突っ込みどころ満載のモノ見せられるのは勘弁ですが、
「そこはお約束」とリアルのバランスが大事です。
個人的にはミニコミ誌?「RayOut」のジャーナリスト、ストナーですね。
物語の核心部分もそうなんですが、
マスコミの恐ろしさと真実を拡散させることの難しさを語ってくれます。
そういう意味でも共感する部分が多いアニメでしたね。
まあ映画版では端役に成り下がってますが…。
つかこのビームズ夫妻ってのはこれ、まんまラル夫妻だよな。
あらためてガンダムの偉大さ感じるわ。
まあ話はそれますが、
音楽にしてもそうだけど、
過去にないような物語とかメロディラインとかメカデザインとかもう、
組み合わせが枯渇するよね。
偶然の一致やオマージュになるのはしょうがないんだけど、
もともとあったものに対するリスペクトが無いものは
パクリと非難されてもしょうがない。
ああ、そうだ。これからアニメ見たときは★つけてみよう。
●交響詩篇エウレカセブン
ロボ度:★★★
厨二度:★★★★
ラブ度:★★★★★
オヤジ度:★★
ライバル度:★
総合:★★★★★
ロボ度…ロボのかっこよさ
厨二度…設定の凝り具合と説得力のバランス
ラブ度…ラブストーリー展開のせつなさ
オヤジ度…いい感じの親父がいい感じに活躍するかどうか
ライバル度…ライバルの存在感

カテゴリー: アニメ系 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>