【柳原可奈子】酷白(トークライブ)

ながらく柳原先生についても書いてませんでしたね。
実はテレビが映らなくなって、
どうにもこうにもオンエアの整理も出来ず、見れもせず…。
まあ、24年ぐらい使ってるブラウン管だししゃあないわなぁ。
金もないし。
ああ、PCのモニタももちろん、男は黙ってブラウン管ですよ。
最近、画面が揺れて見にくいです。
上のほうは常に字が読めないレベルですね。
これ、ソフトバンクパブリッシングのゴミ捨て場から
拾ってきたヤツなんだよなぁ。
法的にグレーだよなぁ。つか黒か?
というわけで、ほぼ生しかおさえられてないのですが、
昨年のDVD、それの発売記念の握手会、
ラジオ公開録音、そしてもちろん毎月の月笑は押さえております。
ええ、ブラウン管越しよりも生優先です。
あれ?単独ライブのレポも書いてなかったか??グヘー。
そんでもって、今月はラビット関根氏との
ジョイントトークライブ「酷白」が公演となりました。
例年は娘さんがお相手だったらしいですが、
今年は柳原先生がお相手、と。
いやー、ラビットさんは終始下ネタです。
その一貫した姿勢にはやはり感動を覚えます。
カックラキン時代からスキで、
毎年いいともの物真似のトリを楽しみにしている程度のファンでもあります。
いやもう、ラビットさんの物真似ってのは王道ですよね。
カナリ似ている仕上げに付加しての、
本物がやらないレヴェルまでのデフォルメ具合。
これぞモノマネ「芸」!って感じですよ。
柳原先生もテキパキと答えますが、
やはりメジャーになってからはかつてのブログほどの下品さは…
いや、だから劣化とかないですよ。
言ってみれば、ザビ家への復讐心に燃えるシャアから、
人類を導こうとするクワトロ大尉に成長した感じ…
だめだこりゃ自分で言っててもイミフだ。
あっしら、アイドル視してますから、
ご自分のお下の話をされても我々信者は嫉妬しますから、
ええ、ちょうどええんですよ。
まあ、想像妄想なんですが、
その辺のバランスをすごいとってると思いますよ。
それでいつつ、アンチからは「ピザが自惚れ云々」
みたいに言われるじゃないすか。
そういうの考えると、すごい申し訳ない気もするし、
でもオレらは柳原先生大好きだし、
そんでもやっぱ芸能人様はファンにとっては別腹だし、、、。
この「別腹」がわからない人が、
ヤヴァいファンになったり、
カレカノ・夫婦間の行動に制限したりするすよね。
んでも、若いうちは「あの子とケコンすう!」ぐらいの
向上心だけはもってていいと思います。
盲目になれってんじゃなくて、
可能性を消去しない程度のモチベーションね。
もっといい相手見つかる可能性もね。
もう、まったく柳原先生から離れてきたな。
とりま、ご本人、実はシャイつか人見知りだし、
いいの!イーノ!イーノ・アッバーブ!
気にしてプチ努力!
これ、いい言葉だよなぁ。
ということで大阪のほっぺさんも来て、
いつものゆりかもめさんと3人で3公演観賞。
初日の前日がお誕生日だったので、
3人でお花なんぞをお贈りしたりしましたね。
まあ、粗末なものでしたが、
ファンになって5年ぐらいで、
いまさら粗末なお花かよ!みたいな感じですが、
柳原先生からは笑いも萌えも享受させていただいてるんで、、、
つか、こんなこと言うのも丁寧にお花を束ねて下さった、
お花屋さんの気の良いお兄さんに失礼ですよね、、、。
すんません、「お花の予算に関してあっしの経済力が粗末」で。
つかまあ、ご本人、中原さんとか周囲の方々も含めて、
ご迷惑おかけしている部分も多々あるかとは思いますが、
こういったことも含めて楽しませていただいていることに関して、
ただただ感謝の念に堪えない心持でございます。

カテゴリー: アイドル, 柳原可奈子 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>