最悪だ。日本が終わる理由と一緒だ。

日本の左翼にとって、日本の国防の力を削ぐことが目的。
原発のテロ対策は杜撰。
日本が平和ボケしていなければ、
コストカットのために地上に建屋置くことは
国防上、ありえなかったと聞いた。
そうでなければ…
これだけ災害復興に貢献している自衛隊を
左翼は不要といい、
災害復興に協力してくれている米軍を
左翼は追い出そうとする。
はあ。
こんな、事実を捻じ曲げた判決許している日本。
石原さんじゃないけど、
こういうものに抗う力をもてなかった
俺たちに対する神の与えた罰なんだろうと思う。
大江さん「励まされた」 集団自決巡る訴訟で勝訴し会見
この判決を下した最高裁判官には
微力ながら国民審査でNOをつきつけます。
もちろん、左翼のマンセー記事しか見てませんから、
その経緯を確かめてからにしたいですが。
白木勇
貴様か。
絶対に許さない。
白木勇

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

最悪だ。日本が終わる理由と一緒だ。 への2件のフィードバック

  1. ikaneko のコメント:

    俺としては、集団自決命令を出したことは終戦末期国粋主義的には合っていると思うけどな。
    まあ雰囲気的には「強制はしないが、辱めを受けるくらいなら、あとは判るな?」だと思うけど。じゃなきゃせめて銃刀は取り上げるべきだろう。
    白虎隊も勘違い自決じゃなかったのな。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%99%8E%E9%9A%8A
    バスガイドの歌聴いて以来勘違いしたままだったよ。

  2. Ori-P のコメント:

    おおっ、ありがとうございます。
    ♪鶴ヶ城臨めば~ですね。
    そうですか、勘違いじゃない説は始めて知りました。
    沖縄では自決を促したのは村長さんであって、
    軍は自決用の手榴弾も断固として渡さなかったのです。確か。
    ※防衛用は渡していたんだったかな。
    防衛用ですから、取り上げるまではできませんよね?
    確かにその潔さというか高潔さは、
    自決した方々にあったと思いますが、
    決して軍は沖縄の自決に関与していない、
    というのが我々の論点のようです。
    「関与」ってのがあいまいな言葉ですが…。
    渡嘉敷・座間味では強制はないし、
    「鉄の暴風」は取材なしで書かれたもので、
    曽野綾子氏の反論が取材に裏付けられているのも事実です。
    というか
    「自決」

    「強制」
    できませんよね。
    俺は殺してもらったほうが楽だな。
    ってのもありますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>