佐々淳行氏、国民一人一人の救国運動を提唱

超人大陸に佐々淳行さんの新年の動画がきてますね。

http://www.choujintairiku.com/sassa/

 

民主党内閣によって、日本が開国前の危険な状況になりつつあると指摘。尖閣事件や北朝鮮の砲撃などで国民の大部分が危機を感じていることは救いだが、永田町と霞ヶ関だけはこの危機をまったく意識していないとし、「志のある人はそれぞれの立場で救国運動のためにできる限りのことをしてほしい」と訴えています。今年は平成維新の年であるとのことです。

「各界の愛国者は」というような言い方をされているのは、財界やマスコミといった力を持っている人たちに対してこそ強く訴えられているからだと思うのですが、自分にできること、そういったものを我々下々の者も考える必要があると思います。

我々にできること、投票もそうですが、周りの人と政治に関して話し合ってみる、といったホームルームや道徳の時間のようなものも、「できること」のひとつだと思います。ええ、政治の話は嫌がる人多いですから、私のように強引に自分のテリトリーに話を持ってくるのは得策ではないですな; ̄ー ̄)民主党に入れた人は、あっしのような右っパネと話すのはなかなかイライラするんでしょうね。

まあ、下々の者が政治に関心を持たなければならない状況こそ異常ですけどね。お上に安心して任せられる日本になってほしいものです。

カテゴリー: 太郎ちゃま パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>