皇室は顔

11月29日の議会開設120年記念式典で、民主党の中井洽前国家公安委員長が、来賓の秋篠宮ご夫妻が天皇、皇后両陛下のご入場まで起立されたのを見て「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と不平を漏らしていたことが30日、分かった。
この中井って人は、なんの進展ももたらさなかった
金賢姫来日で金を湯水のように使った人ですね。
まあ頭のおかしな人々が金科玉条のごとく護る
マッカーサー憲法の第1条に
「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、
この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」
とありますね。
頭のおかしな人々は、なんでこれが1条なのかもわからんでしょうね。
あっしは大日本帝国憲法第一条の
「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」
のほうがすきですが、前文や9条よりはいい条文です。
私は象徴=「天皇陛下は国民の顔」と思っています。
国旗国歌と一緒ですね。
ええ、皇室は国旗国歌と一緒なのです。
日本国民の大事な大事な顔なのです。
国民の代表であるのだから、
陛下に不敬をいたすことは、
国民への侮辱だと思っています。
まあ、階級闘争史観の人はそれ以前の問題ですが、
国民を蔑み、己が王様かなんかだと思ってる、
民主党そのものですね。
なにが「民主」だ。
あっしはかねてから民主党を
日本征服を企む悪の秘密結社
と読んでいましたが、まあ
そのとおりでしたわ。
だって政権交代だけのために主義主張がまったく異なる人が集まってるんだし。
そういう意味では「たちあがれ日本」もそうだったのが悲しいですね。
与謝野さんさえいなければもっといい党になったろうに…。
あれじゃただの劣化自民党だ。
まあ劣化自民党でも政権交代のために集まっても、
国民の代表を侮辱しない点ではずっといいですけどね。
つか自民は早いところ総裁を交代して下さい。
このまえのタックル見てたら、
太郎と安倍さんは声が上がればやる気みたいだよ。
まあ、若い安倍さんにはこの先必ずやってもらわないと困るわけだが。

カテゴリー: 太郎ちゃま パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>