靖国に弥栄あれ

今年も終戦記念日とのことで、
靖国参拝してきました。
中共批判が高まっているせいか、
例年よりも装甲車や警備の方が多いように感じられました。
ビラくばりや署名活動も多かったですね。
チベット、東トルキスタン、法輪功、沖縄などなど…
全部署名していると、通行の妨げになりそうだったので、
沖縄訴訟のだけ署名してきました。
左翼はよく駅前でビラ配ったりしていますが、
このような場でないと、このような勢力が声を上げられないというのは、
あまりにも理不尽だし、
本来は英霊たちに感謝と鎮魂の祈りを捧げる場であるのに、、、
そう考えると自然と涙が出てしまいました。
千鳥ヶ淵ももちろんいきましたよ。
なんというか、なんで毎年この日はひどく暑いのでしょうかね。
これからは例大祭にも参拝できればなあ、と思います。

カテゴリー: 太郎ちゃま パーマリンク

靖国に弥栄あれ への4件のフィードバック

  1. ikaneko のコメント:

    あの人(名前忘れた)を呼んできて
    「その~神社のな~かに~、わた~しはいません~」とか歌ってもらった方がいいと思う。
    まぁ、近場の慰霊で済ます人を非難するんだったら、南方の慰霊碑巡回ツアーでも組んだ方が儲かるのでは。>さよくモドキ
    んー、なんかサンケイ新聞の読者っぽい意見。

  2. Ori-P のコメント:

    遺骨回収は進んでないようですね。
    このようなところにこそお金をかけるべきでしょう。
    金メダルとかパンダにお金をかけてる場合ですか。

  3. ikaneko のコメント:

    死んだ人間のためよりも、これから生きていく人間に投資すべきとは思いますが。
    死者を大事するというより、自分が死んだあとも忘れないでくれみたいな意味合いが強くて、まぁ、
    ピラミッドの時代ならいいんだけど。
    これから人口が増えたあと、戦争でもあったら、GNPのほとんどを慰霊に使ったりして。面白いか。

  4. Ori-P のコメント:

    お墓や慰霊施設というのは
    生きている人のためにあるのですよね。
    「自分が死んだあとも忘れないでくれみたいな意味合い」
    というのは確かにあるとは思います。
    しかしながら、
    死んだ人のことを想っていたいというのが
    日本人だと思いますし、
    「そこにわたしわいません」
    といわれれば、
    確かに遺骨を回収しなくとも、
    我々が祈れば済む話でもあります。
    「これから生きていく人間に投資」
    というか、
    国民の生命と財産をないがしろにしすぎな
    政治家が多すぎなのが(つД`)
    国民主権じゃなく
    官僚・特ア・マスゴミ主権国家かよ(つД`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>