「すべての歴史は現代史である」

「30万とか40万というのは、とても多いという意味だ」などという人々もいますが、
なんというか、真実とそうでないものでは、真実を選びたい。
そういった意味でも、秦郁彦氏のストイックな姿勢には感服します。
右も左も徹底的に叩く。
裏づけのある、証拠のあるものしか許さないといった感じです。
とか、ご本人が聞いたら「私は柔軟に対応している」とか言われそうですが。
あっしの好きな渡部昇一先生とかボロクソに叩かれています(つД`)
慰安婦問題についてのページはそう多くはないですが、
十分な検証が述べられていると思います。

現代史の争点 (文春文庫) 現代史の争点 (文春文庫)
秦 郁彦

文藝春秋 2001-08
売り上げランキング : 206566

Amazonで詳しく見る by G-Tools

こちらは複数の方の論文を秦先生が編集したもの。

昭和史20の争点―日本人の常識 (文春文庫) 昭和史20の争点―日本人の常識 (文春文庫)
秦 郁彦

文藝春秋 2006-08
売り上げランキング : 231485

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「諸君!」2003年7月号の特集を基にしたものだそうです。
「創氏改名」は呉善花さん、
「台湾統治と朝鮮統治」は金美齢さん、
「慰安婦」は韓国で有害図書指定の「親日派の弁明」でおなじみキム・ウンソプ氏。
貴重な保守系東アジア論客のオンパレード。
諸君や正論はめんどい、って人にはオススメです。

カテゴリー: 国際, 太郎ちゃま, パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>