贈汪倫

李白乗舟将欲行
忽聞岸上踏歌声
桃花潭水深千尺
不及汪倫送我情
人との別れのとき、
まず自分が送るほうなんですが、
どうしてもこの漢詩をおもいだしてしまうのです。
ええ、唯一覚えてルンすね、コレ、大好きなんで。
さて、あっしの仕事場の盟友N君がついに旅立ってしまいました。
さすがに給料が安いですからね。
難しいところでし。
私たちだっていつああなるか…(セイラさん)
とりあえずN君の未来にイヤサカあれ、で。
そしてノー・フューチャー・フォーミー。

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

贈汪倫 への2件のフィードバック

  1. ikaneko のコメント:

    漏れも、4月から派遣先が変わるそうな。
    いいけどね。
    みんな、獣を見る眼で俺を見るんだよね。
    大藪春彦か!
    そのいやそうに話し掛けてくるのはなんだと。
    まあ、今まで働いてきて、「あいつ宇宙人じゃないか?(一般常識を無視するから)」とか「爬虫類じゃないか?(あまりうごかないから)」とか「ロボットじゃないか?(動きがかくかくしてるから)」とか言われましたよ。
    M社じゃ「一度頭を割って調べたいよね」とか言われたし。でも今行っている会社じゃ「人一人ぐらい殺してそうだよな」とか言われたのにはびっくり。まあ、聴かないふりをしたけど。
    人間の振りは難しいな。

  2. Ori-P のコメント:

    いやあwなんちゅうかw
    やっぱ結局、キムさんは
    常に人から注目されちゃう存在なんすよw
    ほんとまじ。
    きっといやだろうけど、
    絶対キムさんには興味持ちますよ。
    おもしろすぎるもんwセンスが卓越してるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>